ホーム > 病院概要 > 部門紹介 > 感染管理室

感染管理室

SARS(重症急性呼吸器症候群)や新型インフルエンザなど、感染症がクローズアップされる中、当院では平成17年12月に「感染管理室」を設置しました。
新興・再興感染症の脅威、医療技術の高度化、入院患者さんの高齢化、医療制度改革、耐性菌の出現と課題は山積みですが、院内感染を未然に防ぐことを第一目標とし、CDCガイドラインを参考にしながら病院感染対策を行っています。
また、当院は地域医療施設と連携を取っているため、感染症を持った患者さんが紹介されてきたり、他院へ紹介したりということで、感染症の問題は院内だけに留まりません。
このようなことから当院では、各医療施設の感染管理者と「感染管理担当実務者連携協議会」を定期的に開催。この協議会を通して、地域全体の感染管理レベルの向上を目指しています。