ホーム > 病院概要 > 病院概要

病院概要(2017年8月1日現在)

沿革

昭和29年5月
医院開設手続き
開設使用許可(8床)
昭和38年7月
病院に改組(40床へ)
昭和39年6月
救急病院告示承認
昭和41年4月
病床数増床(80床)
昭和57年1月
病院内温泉掘削(掘削800m、湧出温度49.3°)
昭和62年12月
病床数増床(180床へ)
平成元年1月
医療法人改組 敬和会大分岡病院設立 理事長岡宗由
平成4年4月
医師 岡敬二(現理事長)就任(外科医長)
平成7年6月
訪問看護ステーション病院内開設承認(大分豊寿苑訪問看護ステーション)
平成7年9月
大分豊寿苑開苑認可
平成13年12月
血液透析室29床開設
平成14年1月
大分岡病院病児保育センターひまわり開設
平成13年12月
血液透析室29床開設
平成14年1月
病床数増床(231床へ)
平成16年2月
創傷ケアセンター開設
コールセンター開設
平成16年04月
リンパ浮腫治療室開設
平成16年11月
サイバーナイフセンター開設
大分岡病院創薬センター(臨床試験センター)開設
ICU(集中治療室)6床開設
平成17年2月
顎顔面外科治療部 開設
平成17年04月
卒後臨床研修指定病院認可 ICU(集中治療
平成18年2月
心血管センター開設
平成18年04月
大分東部病院開院
DPC算定病院認可
平成18年10月
地域医療支援病院認可
日本口腔外科学会指定研修機関認定
平成21年4月
社会医療法人 認定
大分DMAT加入
平成21年012月
電子カルテ更新
平成22年4月
大分岡病院基幹型医師臨床研修病院に呼称変更
平成23年3月
東日本大震災へ大分岡病院DMATチーム出動(3/14まで)
平成23年010月
QIKPO(医療質改善推進室)設置
平成24年9月
日本医療機能評価(Ver.6.0)認定
平成24年011月
血管造影室2(増設)稼働
平成25年4月
人事システム稼働
平成25年04月
日本経営品質(JHQC)クオリティ認証継続審査 継続Aクラス認証
平成25年04月
血管造影室1(改装・新装置)稼働
平成25年07月
大分岡病院院長 森 照明就任
平成26年2月
マキシロフェイシャルユニットが口腔顔面外科・矯正歯科へ名称変更
平成26年04月
消化器センター開設
平成26年06月
病床数変更 231床→224床(7床、大分東部病院へ移管)
平成26年010月
在宅支援クリニックすばる開設
平成28年4月
ドクターカー運用開始(大分市と協定)
平成28年07月
佐伯保養院統合
平成28年08月
大分岡病院院長 立川 洋一就任
平成28年011月
サイバーナイフM6更新(全国4台目、西日本初)
平成29年2月
大分東部病院が大分リハビリテーション病院へ名称変更

病床

総数 224床

●2病棟・・・53床  ●3病棟・・・49床  ●4病棟・・・56床  ●5病棟・・・60床  ●ICU・・・6床

承認及び届出関係

基本診療関連
一般病棟入院基本料(7対1)、急性期看護補助体制加算(25対1)、療養環境加算、重症者等療養環境特別加算、栄養サポートチーム加算、医療安全対策加算1、感染防止対策加算1、患者サポート体制充実加算、総合評価加算、退院支援加算1、精神疾患診療体制加算、特定集中治療室管理料3、院内トリアージ実施料、開放型病院共同指導料、がん治療連携指導料、薬剤管理指導料、医療機器安全管理料1、検体検査管理加算( I )、時間内歩行試験及びシャトルウォーキングテスト、ヘッドアップティルト試験、抗悪性腫瘍剤処方管理加算、透析液水質確保加算1、下肢末梢動脈疾患指導管理加算
手術関連
手術用顕微鏡加算、脊髄刺激装置植込術及び脊髄刺激装置交換術、上顎骨形成術(骨移動を伴う場合に限る。)(歯科)、下顎骨形成術(骨移動を伴う場合に限る。)(歯科)、経皮的冠動脈形成術(特殊カテーテルによるもの)、経皮的中隔心筋焼灼術、ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術、両心室ペースメーカー移植術及び両心室ペースメーカー交換術、植込型除細動器移植術及び植込型除細動器交換術及び経静脈電極抜去術、両室ぺーシング機能付き植込型除細動器移植術及び両室ぺーシング機能付き植込型除細動器交換術、大動脈バルーンパンピング法(IABP法)、輸血管理料I
放射線課
CT撮影及びMRI撮影、放射線治療専任加算、外来放射線治療加算、高エネルギー放射線治療、1回線量増加加算、画像誘導放射線治療(IGRT)、体外照射呼吸性移動対策加算、定位放射線治療、定位放射線治療呼吸性移動対策加算
薬剤部
病棟薬剤業務実施加算1、病棟薬剤業務実施加算2、外来化学療法加算2、無菌製剤処理料
リハビリ課
心大血管疾患リハビリテーション料( I )、脳血管疾患等リハビリテーション料( I )、運動器リハビリテーション料( I )、呼吸器リハビリテーション料( I )、がん患者リハビリテーション料
栄養課
入院時食事療養 ( I )
医療情報課
診療録管理体制加算1、医師事務作業補助体制加算1(20対1)、データ提出加算
歯科
地域歯科診療支援病院歯科初診料、歯科診療特別対応連携加算、歯科治療総合医療管理料(Ⅰ)及び(Ⅱ)、地域歯科診療支援病院入院加算、歯科口腔リハビリテーション料2、クラウン・ブリッジ維持管理料、歯科矯正診断料、顎口腔機能診断料(顎変形症(顎離断等の手術を必要とするものに限る。)の手術前後における歯科矯正に係るもの)

資源表

放射線課
○X線一般撮影装置2台
○CT(128MSCT ・ 16MSCT)2台
○MRI(磁気共鳴画像診断装置)
○RI(核医学診断装置)
○ポータブルX線撮影装置3台
○DR(デジタルTV装置)
○サイバーナイフ(定位放射線治療装置)
○CR(デジタル画像システム)2台
○超音波画像診断装置(腹部・表在)4台
○Cアームイメージング装置
○骨密度測定装置
○X線パノラマ撮影装置
血管造影室
○血管造影装置(バイプレーン・デュアルプレーン)2台
○エキシマレーザー
〇ロータブレーター
○IABP(大動脈内バルーンパンピング装置)
○PCPS(経皮的心肺補助装置)
○心臓カテーテル用ポリグラフ(一般・アブレーション仕様)2台
○除細動器2台
生理検査
○超音波診断装置(心臓・血管)5台
○心電図6台
○ホルター心電図5台
○負荷心電図(トレッドミル、エルゴメータ)
○脳波
○肺機能測定装置
○眼底カメラ
○眼圧計
○APG(下肢静脈瘤検査)1台
○ABI(動脈硬化検査)2台
○SAS(睡眠時無呼吸検査)
○誘発電位筋電図検査装置
○脳波検査測定装置
○SPP(皮膚灌流圧測定)2台
検体検査
○生化学自動分析装置2台
○全自動輸血検査装置
○多項目自動血球分析装置2台
○血液ガス分析装置
○全自動尿分析装置
○全自動化学発光免疫測定装置
○細菌自動分析装置
○全自動血液凝固測定装置
○自動血液培養装置
○全自動全血血糖測定装置
○全自動全血HbA1c測定装置
〇病理組織システム
内視鏡室
○胃カメラ6台
○気管支鏡2台
○大腸カメラ4台
○十二指腸ファイバー2台
ME機器
○人工透析装置32台
○個人透析装置3台
○持続緩徐式血液濾過装置
○透析液供給装置
○透析用水処理装置2台
○高気圧酸素治療装置2台
○人工呼吸器10台
○輸液ポンプ87台
○シリンジポンプ44台
○AED7台
○除細動器5台
○セントラルモニタ9台
○ベットサイドモニタ45台
手術室
○内視鏡手術装置一式2台
○関節鏡手術装置一式
○Cアームイメージング装置2台
○人工心肺装置一式
○IABP(大動脈内バルーンパンピング装置)
○超音波メス2台
○モニター4台
○電気メス6台
○超音波洗浄器
○ウォッシャーディスインフェクター
○蒸気滅菌装置2台
○エチレンオキサイトガス装置
○麻酔器3台
○顕微鏡
○自己血回収装置2台
○血流センサー
○温風加温装置4台

設置基準

  • 保険医療機関
  • 地域医療支援病院
  • 第2次救急指定病院
  • 開放型病院
  • 小児慢性特定疾病治療研究事業受託
  • 管理型新医師臨床研修指定病院
  • 原爆被爆者健診委託契約
  • 労災保険指定病院
  • 労災保険二次健診等給付医療機関
  • 腎摘出協力医療機関
  • 結核予防法指定病院
  • 生活保護法指定病院
  • 特定疾患治療研究事業受託
  • 指定自立支援医療機関(心臓機能に関する医療、歯科口腔外科に関する医療、形成外科に関する医療)

教育研修指定関係

  • 日本救急医学会救急科専門医指定施設
  • 心臓血管外科専門医認定基幹施設
  • 日本外科学会外科専門医制度指定施設
  • 日本内科学会教育関連病院
  • 日本循環器学会循環器専門医研修施設
  • 日本心血管インターベンション治療学会研修施設
  • 日本消化器内視鏡学会認定指導施設
  • 日本麻酔科学会麻酔科認定病院
  • 日本形成外科学会認定施設
  • 日本整形外科学会専門医研修施設
  • 日本口腔外科学会専門医制度指定研修施設
  • 日本矯正歯科学会臨床研修機関指定
  • 日本消化器外科学会修練関連施設
  • 日本大腸肛門病学会関連施設
  • 日本医療薬学会薬物療法専門薬剤師研修施設
  • 日本医療薬学会認定薬剤師研修施設
  • 日本脈管学会認定 研修指定施設
  • JSPEN 日本静脈経腸栄養学会 NST稼働施設認定
  • JCNT 日本栄養療法推進協議会 NST稼働施設認定
  • 腹部ステントグラフト実施施設証明書
  • 日本消化管学会胃腸科指導施設