ホーム > 診療科目 > 循環器科

診療科目

循環器科

循環器科
循環器科は、心臓病、血管病の内科的な診断、治療を担当しています。
心臓、血管の病気すべてが対象ですが、特に、心臓の血管が狭くなったり つまったりする病気(冠動脈疾患)、心臓の弁の病気(心臓弁膜症)、心不全、 不整脈が中心になります。
薬の治療(薬物療法)、カテーテル(細長い管)や ペースメーカーなどを用いた治療(非薬物療法)、心臓血管外科との連携に よる手術をうまく組み合わせてチームで治療しています。
特にカテーテル治療は心臓、血管とも積極的に行っています。
大分市内で唯一、ロータブレーター(硬くて狭くなった血管を広げるドリルの 様な道具)を使用できる認定施設です。
また、九州で初めて最先端治療の 心臓の動脈、末梢の動脈に対するエキシマレーザーを使った風船治療(エキ< シマレーザー動脈形成術)を導入し、先進医療として使える施設認定を受けて< います。
さらに、不整脈に対するカテーテル治療(アブレーション)を大分大学 医学部と協力して行っており、心臓ペースメーカーによる心不全の治療(心臓 再同期療法)も可能です。
病気の早期回復のために”心臓リハビリテーション”にも力を入れています。

副院長・心血管
センター長
立川 洋一
循環器科部長
循環器科部長
循環器科部長
宮本 宣秀
循環器科医長
金子 匡行
循環器科医員
石川 敬喜
詳しい医師のご紹介はこちらから