ホーム > 診療科目 > 創傷ケアセンター

治療センター

創傷ケアセンター

創傷ケアについて

創傷とは傷のことですが、数週間以上も治らない創傷を「慢性創傷」と呼んでいます。
慢性創傷には、動脈硬化症を伴う血流障害による動脈不全性・静脈不全性の傷、糖尿病の方にみられる糖尿病性の足の変化、慢性の床ずれによるもの、骨の変形が原因でおこる潰瘍など様々なものがあります。


現在、日本では、これらの疾患に対する治療効果は必ずしもよくないのが実情です。


この度、当院では、足の治療の先進国であるアメリカの技術を取り入れた専門外来、創傷ケアセンターを設立しました。
足の傷が治らない、足が壊死して切断を勧められた、長年の床ずれが治らないなど、難治性創傷でお困りの患者さんは、一度当院にご相談ください。

もう、治らない・・・とあきらめていませんか?

多施設共同研究の実施についてのお知らせ

下肢慢性創傷患者さんを対象とした多施設共同研究の実施についてのお知らせです。
多施設共同研究の実施についてのお知らせ(PDF:130KB)

創傷ケアセンターとは

慢性創傷治療専門のセンターです。

専門的な訓練を受けた医師を中心とした医療チームにより一般的には治療が困難とされる慢性創傷の患者さんの治療に取り組みます。

外来により短期間で集中治療します。

外来受信を基本に、短時間で集中的に治療を行います。
約80%の患者さんが14週間程度で治療が可能です。
外来だけでなく自宅での創傷処置もサポートしていきます。

多様な創傷に対応します。

血流障害・糖尿病性潰瘍、床ずれなど慢性創傷の原因は実にさまざまで、症状も治療法も大きく異なります。
当センターでは多様なタイプの創傷に対応することが可能です。

実際の創傷ケアの一例です。

糖尿病性潰瘍の例

褥創の例

取り組み

創傷ケアセンターにおけるCLIの治療

診療方法

電話にてご予約ください。(当センターは完全予約制です)
ご予約(コールセンター)

診察(当院4番外来)


診察日は外来診療表をご覧ください。
外来診療表

医師による診察の後、必要があれば検査を受けていただきます。
診察終了時に次回の診察をご予約ください。

再受診

基本的に週1回、もしくは週2回のペースで通院していただき完治をめざします。 場合により入院の上、検査・治療を行うこともあります。